風聞見空

男雛と女雛の並べかた

【 男雛と女雛の並べかたについて 】

おひなさまも結婚式でも向かって右側が女性、左側が男性と決まっています。しかし、大正時代は逆でした。

昭和天皇の即位式が紫宸殿でおこなわれたとき、向かって左に天皇陛下、右に皇后陛下がお並びになったことから、東京地域の人形組合が左右を入れ替えて飾ることに決めました。
ところが京都だけは京都御所での天皇陛下の並びかた (大正以前) を古くから伝わる故実を基に守っているため、男雛が右、女雛が左という飾りかたをしています。

和服の合わせが左前なのは、男性は女性の左手側にいるので胸元を見えにくくするためとか・・・?
いずれにしてもどちらの並びも正しいと言えるでしょう。