1. HOME
  2. 節句-SECK-
  3. 人形専門店が雛人形の選び方のポイントを解説!

人形専門店が雛人形の選び方のポイントを解説!

 

飾るお部屋に合わせた雛人形選び

飾るスペースが決まっていないと、どんなタイプのお飾りを購入すればよいのか、迷ってしまいます。例えば、家具の上に置く、直接フローリングに飾るなど、飾り方は様々あります。直接フローリングに飾るのであれば、少し大きい3段雛飾りや、収納箱があり、少し高さのある収納飾りをおすすめします

家具の上に置いたりする場合は、親王平飾りや、小さい木目込人形なども良いでしょう。木目込人形は比較的小さいサイズのものが多く、少しのスペースで飾ることが出来ます。

 

また、和室か洋室かによっても違ってきます。和室でしたら飾り台・屏風の色は、わりとどんな色でも合いやすいです。そして、床の間がある場合は、床の間に飾るのが良いでしょう。

洋室でしたら、壁の色、インテリアなど、お部屋の色系統に合うものを選ぶと良いでしょう。お部屋と同色系統でも良いですし、あえてお部屋の色とは違う色を選ぶのも、お雛様が際立って良いですね。

このように、飾るスペース、お部屋のタイプで、お人形のパターンがある程度絞れてくるので、効率よくお人形選びをすることができます。

倉片人形では、300種類以上のお人形がありますので、できれば先に気になったお人形様を決めてからご来店いただくことをおすすめいたします。

人形専門店が教える雛人形の選び方!セット商品とカスタマイズ販売どっちがおすすめ?

どの様な形の飾りが良いか?まずお店をグルリと見回し、色々な条件に合う品物を絞り込む必要があります。

倉片人形では、お人形のプロがお人形、屏風、飾り台、ぼんぼりなどをコーディネートしたセットを展示していますが、お客様自身でカスタマイズする事もでき、気に入ったお人形、屏風、飾り台などを自由に組み合わせることもできます。

倉片人形ではカスタマイズ販売をおすすめしています。まずは、基本となるセットを選んでいただき、それから各パーツごとに入れ替えをしていただくと決めやすくなります。ぜひ、お客様自身でトータルコーディネートをされて、満足のいく世界にひとつだけの雛人形をお選びいただけたらと思います。

また、倉片人形には一般社団法人日本人形協会が認定した資格の保有者である「節句人形アドバイザー」が多数在籍しており、お客様がカスタマイズする場合でもスタッフがアドバイスをさせていただきますのでご安心ください。

全てのお人形を見て、お気に入りの逸品を探してみてください。また、第一印象で気に入ったお人形も大切にしたいですね。

伝統あるお店で購入することをおすすめします

不当に高い景品を付けたり、強引な客寄せをするお店を避ける事はもちろん、大幅な値引きをするお店は信用できません。雛人形は、正当な価格が分かりづらく、値引きも正当な値引きとは言えない可能性があります。

そこで、適正表示宣言店として、日本人形協会が認定したお店で選ぶことが賢明でしょう。家電品等と違い、同じ品物を販売しているお店はほとんどありません。着物の仕立て・全体のバランス・部品の良し悪し等々・・・。何店舗か下見をしていくうちにお客様の目も肥えてきます。ブランド等にとらわれず、慎重に選んでいきたいものですね。

そして、長い年月を飾る雛人形ですので、部品の補充や修理等は、ベテランの揃った節句人形専門店の方が安心です。お節句の時期だけ営業しているお店や他の品物を主力に販売されているお店のアフターサービスは万全でしょうか?長いお付き合いになるかと思いますので、ここでもやはり老舗の節句人形専門店がおすすめです。

日本人形協会から出された注意事項を確認する

日本人形協会では、不当表示広告追放キャンペーンを行っています。次に示す3つのような表示広告は、不当表示として定めており、皆様にも気をつけていただきたいと考えております。

不当表示広告追放キャンペーン

二十万円のお人形を十万円で販売

このような大幅割引の宣伝はトリックです。何故なら、ほとんどの場合、二十万円という価格に根拠はないからです。ご注意ください。日本人形協会が認定する、適正表示宣言店での購入をおすすめいたします。

製造直売、産地直売などの宣伝

人形セットはそれぞれの分業で作られています。メーカー1社でセットのすべてを作ることはありません。例えば、倉片人形は、「衣裳着人形」のメーカーです。屏風や飾り台等の制作は行っていません。このように、節句人形業界は、分業によって成り立っています。なので、製造直売、産地直売等の謳い文句に気をつけましょう。

他店より絶対に安い

人形は価格のわかりにくい商品です。それをいいことに、安さだけを誇大に強調して宣伝する店は、要注意です。

雛人形の小物の選び方!屏風やぼんぼり

屏風の定番といえば金屏風が思い浮かぶと思います。芸能人の婚約記者会見や、表彰式などでよく使われていますね。和装の結婚式でも使われますが、結婚式の金屏風には、二人の未来が「金色」に光り輝くようにとの意味があるようです。

そして、雛人形の金屏風には、これから女の子が進む道が明るく光り輝きますようにとの願いが込められています。このような意味も大事にしながら屏風選びをしても良いですね。金屏風の他にも、デザイン性のある屏風がたくさんありますが、お人形が引き立つ屏風を選ぶと良いでしょう。

ぼんぼりは、昔ながらの丸い形や、四角や多角形のデザイン性のあるぼんぼりなど、種類が豊富にあります。ぼんぼりの印象によって雛人形がよりおしゃれに見えることもありますので、色々試して見てください。

 

倉片人形に寄せられたお客様の声を紹介します

接客がとてもよく、購入の決め手のひとつになりました。(30代男性)

自分の好み、予算に合わせてカスタマイズさせて頂きました。こんなに細かく調整してもらえるとは知らずに驚きました。(30代女性)

組み合わせが出来るのが非常に良かった。(40代女性)

短時間で要望をかなえて頂きました。(30代女性)

電話で取り置きにも対応していただき親切でありがたかったです。(30代女性)

お品数が多数あり、とても選ぶのが楽しかったです。良いお雛様に出会えて嬉しく思います。(30代女性)

 

関連記事