1. HOME
  2. 節句-SECK-
  3. 端午の節句

端午の節句

端午の節句は奈良時代から行われている古い行事です。端午の「端」は初めという意味。「午」(ご)は「五」にかけて、5月初めの5の日を表しています。では、いつからどの様に始まったのか、今回は長い歴史のある「端午の節句の由来・歴史」について見ていきたいと思います。

奈良・平安時代

宮廷では端午に、菖蒲を冠に飾ったり、お風呂に入れて「菖蒲湯」にしたり、ヨモギとともに軒にさしたりしていました。菖蒲とヨモギは強い匂いで邪鬼を払う事が出来ると信じられていたそうです。民間でも、軒に菖蒲をさし、子供たちが小弓を引いたりしていました。まだ、この頃は男の子の日として兜を飾ったりはしていませんね。

鎌倉時代

武家の間では、菖蒲と尚武(武を尊ぶ)の音が一緒であることから、菖蒲湯や軒さしする5月5日が男の子を祝う日となっていきました。そして鎧や兜を飾るようにもなったようです。民間ではこの頃から、菖蒲湯、菖蒲酒など菖蒲に関する風習が始まります。この頃は、まだ武家の間でだけ鎧や兜を飾っていたようですね。

江戸時代

江戸時代に入ると、幕府は5月5日を端午の節句として正式に定め、大名や旗本は式服で江戸城に出向きお祝いをしました。また、将軍に男の子が生まれると、城中に幟や馬印を立てて盛大に祝ったそうです。しだいに、民間でもミニチュアの兜や鯉のぼりを飾るようになっていきました。こうして江戸時代には端午の節句は民間でも男の子の日として祝うようになりました。

現在

このように古くから端午の節句と呼ばれて親しまれていましたが、国民の祝日「こどもの日」と制定されたのは1948年のこと。そして、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨となっています。「こどもの日」は母に感謝する日でもあったのですね。

いかがでしたか?由来や歴史を知ると端午の節句の奥深さが感じられて、こどもの日に子供をお祝いする気持ちもより一層深くなりそうです

倉片人形では約250点もの鎧兜などの五月人形を取り揃えています。
オンラインショップもございますので、ぜひご覧ください。

https://shop.k-doll.co.jp/

関連記事