1. HOME
  2. 節句-SECK-
  3. 役目を終えたら、人形供養。

役目を終えたら、人形供養。

人形供養

人形ってどうやって処分する?

人形供養

子供が大きくなって役目を終えたお人形を処分をしたい。でも、「ゴミとして捨てるのはかわいそう…」「どうやって処分をしたら良いの?」といった問い合わせが増えております。

「お守り」として今まで大事に飾られてきた人形には、深い愛情があるからこそ生まれる悩みかと思います。

そこで私達は、人形供養を強くおすすめしております。

人形供養の内容

お焚き上げ
出典:人形供養祭-所澤神明社

人形供養は、長年愛してきた人形に「感謝」し、手放すという考えのもと、行われております。
人形供養の内容は、神社によって異なりますので、ここでは倉片人形でお預かりさせていただいた人形を供養する、「所澤神明社」の人形供養について紹介していきたいと思います。

所澤神明社では、毎年6月の人形供養祭が行われております。ここでは、倉片人形でお預かりさせていただいたお人形を含む、多くのお人形が集められ、お祓いを受け、お焚き上げの神事が行われます。

※近年では、ダイオキシンの発生を含む環境への配慮から、一部の人形と遷霊したあがものをお焚き上げするようにしています。

どんなものを受付している?

受付けできるものひな人形 五月人形 市松人形 フランス人形 抱き人形 ぬいぐるみ等、顔のついた物
羽子板等の顔が描いてある物
受付できないもの人形のお道具、ひな段等の、人形以外のものは受付できません。
供養の必要がございませんので、各地区での廃棄方法に従い、ご処分いただくよう、お願い致します。

供養完了のご報告

倉片人形を通じて、人形供養を行っていただいたお客様へ、人形供養完了のおハガキをお送りしております。「いつの間にか終わっていた」より、完了の報告等があったほうがご依頼されたお客様も安心ですよね。

まとめ

役目を終えた大切なお人形は、人形供養することをおすすめしております。詳しくは、下記ページをご参照ください。
倉片人形での受付は年中行っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

人形供養

関連記事

  • 関連記事はございません。