toggle
2018-10-13

お人形選びの6つのポイント

雛人形や、五月人形、鯉のぼり等のお人形を選ぶ前に、どこに飾るか等のイメージを膨らませておきましょう。実際に飾る場所の寸法等を事前に計測しておくと良いでしょう。また、日本人形協会より出された注意事項に沿って、お店選びも慎重に行いましょう。

1. 伝統あるお店を選ぶ

不当に高い景品を付けたり、強引な客寄せをするお店を避ける事はもちろん、大幅な値引きをするお店も信用できません。初めておひなさまをお求めになる方には、価格の正確性を判断する事は大変むずかしいと思います。やはり昔から信頼されてきた伝統あるお店を選ぶのが賢明でしょう。

2. 予算やスペースは予め決めておく

予算・飾るスペース・収納スペースの3点について、ご家族でよくご相談する必要があります。

3. お店全体を回る

どの様な形の飾りが良いか?まずお店をグルリと見回し、色々な条件に合う品物を絞り込む必要があります。第一印象で気に入った人形も大切にしたいですね。

4. ブランドにとらわれない

家電品等と違い、同じ品物を販売しているお店はほとんどありません。着物の仕立て・全体のバランス・部品の良し悪し等々・・・。何店舗か下見をしていくうちに消費者の目も肥えてきます。ブランド等にとらわれず、慎重に選んでいきたいものですね。

5. アフターサービスの充実

長い年月を飾るおひなさま。部品の補充や修理等は、ベテランの揃った人形専門店の方が安心です。お節句の時期だけ営業しているお店や他の品物を主力に販売されているお店はアフターサービスは万全でしょうか?

6. 日本人形協会より出された注意事項を確認する

二十万円のお人形を十万円で販売

このような大幅割引の宣伝はトリックです。何故なら、ほとんどの場合、二十万円という価格に根拠はないからです。ご注意ください。

製造直売、産地直売などの宣伝はインチキ

人形セットはそれぞれの分業で作られています。メーカー一社でセットのすべてを作ることはありません。

他店より絶対に安い

人形は価格のわかりにくい商品です。それをいいことに、安さだけを誇大に強調して宣伝する店は、要注意です。

関連記事