羽子板
破魔弓

正月

羽子板・破魔弓は、生涯続く鬼門を
平穏に過ごせるようにという願いをこめて、
現代のような形を作り上げました。
旧暦の新年 (立春) を平穏に迎えるために、
節分に豆まきをするのも鬼門除け (鬼除け) の
考え方といえます。
よって、新暦である現代では一般的に、
十二月末から一月十五日位まで
お飾りしますが、
一年を通じてお飾りいただいても
良いと思われます。

羽子板

「 羽子板 」 と聞いてまず頭に浮かぶのは 「 羽根つき 」 だと思います。
室町時代にはこの羽根つきを 「 こぎの子勝負 」 といい、正月にその年の年占いということで、末広がりの形をしたこぎ板 (羽子板) でこぎの子 (羽根) をつき、厄除けを祈願したといわれています。
江戸時代になると、こぎ板に金箔を施したものの上に、左義長の儀式の風景を描いた 「 左義長羽子板 」 というものが、厄除け・邪気除けとして、貴族への贈り物や婚礼・出産の祝いとして用いられました。

破魔弓

「 破魔弓 」 とは、読んで字の如く 「 弓で魔を破る 」 という意味がありますが、これと関わりが深いものに室町時代から現代に伝わる 「 鳴弦の儀 」 があります。
これは弓の弦を強く弾き鳴らすことによって、魔除け (鬼除け)・邪気払いをするという意味のある儀式です。
今日の皇室においても、お子さまが誕生して七日目に 「 読書・鳴弦の儀 」 が行われています。