市松人形

市松人形には、男女があり、
男の子は羽織等の正装、
女の子はおかっぱ頭で振り袖人形
としては日本人形の
代表的な人形です。
三月節句には雛段等の左右に
男女一対で飾られ、
また出産祝いの贈り物としても
多く利用されています。
手足は屈伸が自在のものや
衣装の着せ替えができるものもあり、
子供が抱いて遊び、楽しむこともできる、
いわば人形本来の機能を持ち合わせています。

市松人形

市松人形の名前の由来は江戸時代元文寛保 (1736~1744) の頃、人気歌舞伎役者の佐野川市松 (上方で人気のあった若衆役者) の顔に似せて作られたものといわれ、その名前より始まったといわれています。
それ以来 「 いちまさん 」 という名前で呼ばれ、現在に至るまで広く親しまれてきました。