1. HOME
  2. 節句-SECK-
  3. 写真で見るひな人形の飾り方〈道具編〉

写真で見るひな人形の飾り方〈道具編〉

親王飾り

向かって右に桜、左に橘を飾ります。

※お花が紅梅白梅の場合は、向かって右に紅梅、左に白梅を飾ります。

菱餅が巻物の場合もあります。

ぼんぼりを飾るのは、昔は夜に結婚式を行っていたので灯りが必要だったからです。

 

三段飾り

御駕籠と御所車は嫁ぎ先に行く際に乗ります。

通常、真ん中に重箱、向かって右に御所車、左に御駕籠を飾ります

奇数はお祝い事によいとされているので、雛段は七段あるいは三段五段が基本形になっています。

七段飾り

七段飾りには、お雛様の嫁入り道具をお道具として飾ります。

本物を模して丁寧に作られたお道具は、とても素敵ですね。

※誤って落とした際に下の段の飾りを傷つけてしまわぬように、上の段から飾っていきましょう。

倉片人形では、七段飾りのひな人形も制作、展示販売しております。ぜひ、店頭で素敵なお道具と一緒にご覧になって下さい。

関連記事