1. HOME
  2. 節句-SECK-
  3. 雛人形の随身と仕丁とは?持ち物の弓矢や帽子、その役割や意味を解説!

雛人形の随身と仕丁とは?持ち物の弓矢や帽子、その役割や意味を解説!

雛人形の随身とは何か、意味や役割について説明します

随身(ずいじん)は、宮廷で警護する役割の武官です。主に、お殿様が外出するときにお守りしていました。今でいうボディーガード、SPですね。随身は俗称、左大臣・右大臣と呼び、七段飾りの4段目に飾ります。随身は老人と若者の2人組。官女の段から左上位なので、男雛から見て左が老人の左大臣右が若者の右大臣になります。

♪あかりをつけましょぼんぼりに〜でおなじみの雛祭りの歌「うれしいひなまつり」の3番の歌詞をご存知ですか?3番に随身が出てくるんです。「すこし白酒めされたか 赤いお顔の右大臣」という歌詞。しかし、お雛様を見ると、あれ?右大臣は顔が白いですね。顔が赤いのは左大臣です。歌詞は左右間違ってしまっているようですね。飾る際には左右お気を付けください!

 

雛人形の随身の左大臣と右大臣とは?赤い顔をしている理由は?

左大臣は、老人で、白くて長いひげが特徴です。そして、知恵の持ち主といわれています。

赤い顔をしている理由は謎ですが、上にも出てきた歌「うれしいひなまつり」の歌詞のように少しお酒を飲んだのかもしれませんね。


右大臣は、若者で、顔は白く端正な顔立ちをしています。そして、力を司るといわれています。

雛人形の随身の持ち物について解説!弓矢を持っている意味とは?

持ち物は、二人共通です。

冠(かんむり)

冠でも、役職や位がわかります。冠に纓(えい)というものがささっているのですが、それを巻纓(けんえい)と呼び、武官の装束の一部となっています。こちらは、緌(おいかけ)が頬の横に来るように付けるのがポイントです。

儀仗の剣(ぎじょうのけん)

儀仗とは、儀式に用いる装飾的な武器のことです。刀は付けていなかったようです。こちらは、左の腰と袖の間に差し込みます。ひもが付いている場合は胴に回して結びます。

弓(ゆみ)

外出正装の際に持ったため、こちらも装飾的な美しい弓になっています。こちらは、左手に持たせます。

背矢(せや)

弓と同じように、装飾性の高いものになっています。こちらは、背中の帯に差し込みます。

 

雛人形の仕丁とは何か、意味や役割について説明します

7段飾りの5段目に飾る仕丁(しちょう)は、平安時代以降に地方から労働者として、宮廷の雑用係をしていた人のことです。君主が必要性から無報酬で住民を働かせていました。これを徭役(ようえき)と言います。徭役は大和朝廷の時代から存在していたそうです。律令制で、50戸につき2人選ばれ、3年交代で雑役として服していました。食糧などの生活費は故郷がまかなっていたので、かなりの負担となっていました。雛人形の中で唯一の庶民です。

3人とも違う?雛人形の仕丁の顔の表情について解説します

笑い

その表情から、笑い上戸とも呼ばれています。

 

泣き

その表情から、泣き上戸とも呼ばれています。

 

怒り

その表情から、怒り上戸とも呼ばれています

 

 

 

 

 

このように3人の表情は、徭役という自分の立場を表した表情なのかのしれません。辛いこともありますが、喜びもあったのでしょう。このような笑い・泣き・怒りの表情によって、雛人形に親しみを感じさせる役割を果たしてきました。

雛人形の仕丁の持ち方について紹介します

立傘(たちがさ)

左(向かって右)に並べる笑っている仕丁は、立傘を持っています。立傘は雨傘のことです。柄が内側にくるように持たせます。

沓台(くつだい)

真ん中の泣いている仕丁は、沓台を持っています。沓台は靴を置く台の事です。手の間にはさむように持たせます。

台笠(だいがさ)

右(向かって左)に並べる怒っている仕丁は、台笠を持っています。台笠は日傘のことです。柄が内側にくるように持たせます。

上記のように、外出するときの道具の他に、掃除道具のほうき・ちりとり・熊手を持っている仕丁もいます。地域や雛人形によって違いがあります。

 

関連記事