1. HOME
  2. 節句-SECK-
  3. 雛人形は誰が、いつ買うべき?老舗専門店がベストな時期を教えます

雛人形は誰が、いつ買うべき?老舗専門店がベストな時期を教えます

雛人形は誰が買うべきなのか

初節句の時期が近づいてくると、節句人形の購入を考え始めると思います。では、雛人形は誰が買うか決まりはあるのでしょうか。

まずは、伝統的な風習から見ていきたいと思います。結論からいうと、昔は母方の実家で買うことが一般的でした。赤ちゃんのお母さんの実家ということですね。それには理由がありました。

昔は、結婚すると嫁いだ先の親と同居することが多かったです。その為、娘や孫になかなか会えなかった両親は、節句などのお祝い事のタイミングで、お祝いの品を持参し、娘や孫に会いに行っていたそうです。節句は娘や孫に会うきっかけとなっていたのですね。

それでは、現在ではどうなのでしょうか。現在では、先述したような習慣はあまり気しない風潮になってきています。それは、嫁いだ先と同居することが少なくなってきていて、娘の両親が家に気軽に行きやすくなったのもあると思います。

したがって、現在では「誰が買わなくてはいけない」という決まりはありません。赤ちゃんの両親、両家の祖父母とじっくり話しを合いすることが大事になってきます。

雛人形を選ぶ人、買いに行く人は誰にするべき?

先述したように、「誰が買わなくてはいけない」という決まりはありません。しかし、決まりがないとなると、誰が買うのか悩んでしまいますよね。

そこで、重要なのが赤ちゃんの両親、両家の祖父母とじっくり話し合いをすることです。話し合いをしていないとトラブルが起きることもあります。

例えば、勝手に祖父母から雛人形が送られてきて、大きすぎて飾れなかったといったケースがあります。大きさ以外でも、デザインが気に入らなかったり、もしくは赤ちゃんの両親は雛人形を飾る予定はないといった場合もあります。そのようなトラブルが無いようにする為に、赤ちゃんの両親と両家の祖父母が話し合う場を必ず設けてください。お子様の健康や幸せを願って飾るものですので、そのお子様への気持ちを一番に考え、お祝いしていただいきたいと思います。

では、現在では誰が買うことが多いのでしょうか。

両家の祖父母がお金を出して、赤ちゃんの両親が選ぶ

昔と違って、祖父母もしきたりにこだわらないで現代に合った柔軟な考えの方たちが多くなってきているようです。「お金を出すから、自分たちで好きな物を買いなさい」といったケースが多くなってきています。やはり、赤ちゃんの両親が選ぶことで、家に合ったサイズやデザインを間違いなく選べますので良いのではないでしょうか。

母方の祖父母が雛人形を贈り、父方の祖父母が市松人形などを贈る

このパターンは昔の風習ですが、風習を守りたいといった方におすすめです。父方の祖父母から贈るに相応しいのは市松人形やつるし雛です。

市松人形は「お出迎え人形」として飾ります。母方の祖父母から贈られた雛人形をお出迎えするということです。

市松人形について詳しくはこちらのページで紹介しています。

https://k-doll.co.jp/seck/ichimatsu/1400

つるし雛は、江戸時代から始まった風習といわれています。小さな人形をたくさん吊るしてお子様の健康や幸せを願って飾ります。

つるし雛について詳しくはこちらのページで紹介しています。

https://k-doll.co.jp/seck/others/1492

 

雛人形はいつ買うべきか

やはり、生まれて初めての節句「初節句」に買うのが良いでしょう。しかし、初節句ギリギリに生まれた場合は、まだバタバタしている時期でもあるでしょうから、節句のお祝いは翌年に行っても問題ありません。雛人形はその時に買っても大丈夫です。

雛人形がお店に並ぶ時期は、お店によって様々です。色々なお店を見て回りたいという方は、販売開始直後から探し始めると良いでしょう。早いと11月ごろから販売開始しているお店もあります。遅くても年明けから販売開始しています。品揃えも、販売開始直後が一番豊富だと思いますので、たくさんの種類を見て探したいという方は、お店ごとに、いつから販売開始かをチェックしておくことをおすすめします。

雛人形は、立春(節分の翌日、2月4日)から2月中旬ごろまでに飾るのが一般的です。ですので、それまでに買うことをおすすめします。

雛人形の製作期間

雛人形の製作についてここで少し解説していきたいと思います。雛人形は、発注されてから製作します。それから生地を注文し、生地が納入されたら、裁断、縫製、着物や部品作りをして、着付け、腕折りをして完成です。製作期間は、だいたい5月ごろから始めて11月か12月ごろまでかかります。ですので、早いと11月ごろから販売開始しているお店もあります。遅くても、年明けから販売開始しています。

また、雛人形は追加で製作するということが難しいです。売れていくと商品は減っていく一方です。

ですので、豊富な種類から選ぶには早めの時期にお店に足を運ぶことをおすすめします。

雛人形を飾り始める時期としまう時期

先述にも出てきましたが、雛人形は、立春(節分の翌日、2月4日)から2月中旬ごろまでに飾るのが一般的です。「雛祭り」は春の節句ですので、飾り始めるのは春の訪れを告げる立春がベストな時期ではないでしょうか。

雛人形をしまう時期は、3月中旬ごろの天気の良い乾燥した日にしまいましょう。

雛人形を飾る時期と、しまう日について詳しくはこちらのページで紹介しています。

https://k-doll.co.jp/seck/hina/1681

関連記事