五月人形

五月人形

五月人形の原型は、奈良時代、
宮廷では五月五日を
菖蒲の節会と言って、
天皇の前で武術を競ったり、
病気や災いを祓う式日でした。
やがて、政治の中心が朝廷から
武家へ移る鎌倉・室町時代になると、
現在のように甲冑や刀、
槍などの武具を飾って武運長久や
立身出世を願う勇壮な
武家社会の儀式として定着しました。

五月人形の象徴とも言える甲冑や
刀などの武具が一般に販売され
広まったのは町人文化が華開く
江戸中期のころです。
男の子が生まれると、武家にあやかり、
家の前に武具や鯉のぼりを飾り立てて
盛んに祝ったそうです。
その後、外に飾っていたものを
家の中に持ち込んで飾る、
いわゆる 「 座敷飾り 」 が主流になり、
次第に様式を整えて
現在の飾り方が完成しました。

節句の伝統を
鎧兜が語る

平飾り

飾り台と屏風が付いたスタンダードなお飾りです。大きさもコンパクトなものから、大きなものまで、様々なニーズに答えられます。

フローリングに直接飾っても、テレビ台等の上にも飾っても素敵な平飾りです。

高床台飾り

気品に満ちた勇姿。武具としてだけでなく、武将の品格の象徴でもあった鎧・兜。匠の技が初節句をゆたかに盛り立てます。

段飾り

倉片人形の五月人形は、現代感覚を意欲的に取り入れながらも日本の伝統をしっかり受け継いだ本格派。ご両親の思いを大切に伝えます。

収納飾り

飾り台が収納箱に。コンパクトな収納飾り。夢は大きく収納は小さく。飾り台が収納箱に早がわり。鎧・兜をそっくり収納。現代のライフスタイルにしっかりと合った品々です。

ケース飾り

お祝いの気持ちをガラスケースにおさめました。贈る方のこころをつたえる五月人形です。和室でも洋室でも飾る場所を選びません。

鯉のぼり

鯉のぼりには、ベランダ用とお庭用があります。飾る場所を事前に決めて、あったものを選ばれるとよいでしょう。
飾る場所の写真などをお持ちいただいて、倉片人形にご相談いただければ、合ったものをいくつかご覧いただくことも出来ます。
種類やサイズがたくさんありますので、ぜひご相談下さい。